Home > おすすめイベント | その他 | サッポロッカショからのお知らせ > 「高レベル放射性廃液漏れ事故」抗議文の賛同団体募集!

「高レベル放射性廃液漏れ事故」抗議文の賛同団体募集!

「三陸の海を放射能から守る岩手の会」の永田です。

高レベル廃液漏れで、

東奥日報が問題点を整理し掲載しております。
ご覧のように、もう原燃には危険な放射能を取り扱う資格はありません。
今回の事故では放射能の環境放出が疑われています。こんなことが続く
と本当に放射能の大規模放出が現実になってしまいます。
2月7~8日と170名も集まり盛岡で行われました「六ヶ所村ラプソディ
東日本市民サミット」で参会者一同により関連機関へ抗議文を提出する
ことになりました。

つきましては、広く抗議文の賛同団体を募集しております。
「原子力安全・保安院への抗議文提出は2月12日に原子力安全・保安院
交渉があり首都圏の松丸さんから提出して頂けることになりました。こちらは
11日まで申込みが間に合った団体の連名とさせて頂きます。
以降の申込み団体は原燃、原子力安全委員会、原子力委員会抗議の賛同
団体に連名させて頂きます。
原燃へは直接出向き抗議文を渡し申し入れようと、花とハーブの里菊川さん
と話し合い決めました。抗議日は2月18日(水)になりそうです。

賛同は団体にてお願いしております。というのは日程的に時間がなく、個人
までにすると対応が追いつかなくなる心配がありこのようにしました。
是非、今回個人でも団体・グループを旗揚げして賛同して頂ければと思います。
1人でも2人でもご家族の手をかりても可能です。
今まで、北海道の団体の賛同がありませんでしたので、加わっていただけると
推進側はさらなる危機意識をもつことと思います。
どうぞ、よろしくお願いたします。

【賛同申込みはこちらへお願いします。】
(出来れば2/16(月)までにお願いします。)
-〒020-0004岩手県盛岡市山岸6-36-8
永田文夫 電話/fax019-661-1002
hgf01360@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/gatayann/env.htm

【質問や抗議の電話&FAX先】

電話やfaxは、抗議文の提出日に限らず、日常的にかけるほうが
効果的ではないかと思います。国民に心配が広がってきていると
国や原燃に危機意識を持たせたいものです。一緒に頑張りましょう。

●日本原燃(広報)  tel 0175-71-2002  fax 0175-71-2136
●経済産業省  原子力安全・保安院 核燃料サイクル規制課
tel 03-3501-1511  fax 03-3580-8484
●原子力安全・保安院 六ヶ所事務所  tel 0175-72-3520
●原子力安全委員会 tel 03-3581-9919
ネットで意見や質問をすることができます。ただ回答は数ヶ月後ですが・・・・。
http://www.nsc.go.jp/toi/toi.htm

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://sapporokkasho.blog.greenwebs.net/2009/02/12/167/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「高レベル放射性廃液漏れ事故」抗議文の賛同団体募集! from サッポロッカショ

Home > おすすめイベント | その他 | サッポロッカショからのお知らせ > 「高レベル放射性廃液漏れ事故」抗議文の賛同団体募集!

Return to page top