Home > その他 Archive

その他 Archive

玄海原発プルサーマルの開始に抗議します。

内閣総理大臣 鳩山由紀夫様
経済産業大臣 直嶋正行様
環境大臣 小沢鋭仁様
佐賀県知事 古川康様
玄海町長 岸本英雄様
九州電力株式会社 代表取締役社長 眞部利應様

人々の声、生命の尊厳を無視して玄海原発プルサーマルを開始したことに強く抗議します

わたしたちは、脱原発をめざし、「サッポロッカショ」というネットワークをつくっている市民のグループです。

九電は、輸入されたMOX燃料の検査データ捏造など情報開示して説明すること玄海プルサーマル始動抗議文なく、操業の安全性、また使用済みMOX燃料の処理方法等に関して、様々な問題が指摘されていることに答えを出さず、プルサーマルを始動させてしまいました。

プルサーマル中止を求める全国からの声は46万筆を超えたと聞きます。些細な故障やミスでも人命にかかわり、生態系を破壊する甚大な被害につながる、猛毒のプルトニウムを燃料とするプルサーマルを始動させてはいけないという市民の声を踏みにじって玄海原発プルサーマルを始動させてしまったことに強く抗議します。

電力事業は、言うまでもなく人々の生活を支える事業ですが、それは、環境に負荷をかけず持続可能な方法を選択すべきです。自然エネルギーを組み込んだ安全な電力供給システムの構築にこそ技術革新が求められているのです。

使用済み核燃料の再処理と国産のMOX燃料の製造拠点であるとする六ケ所村の再処理工場もトラブル続き、高速増殖炉もんじゅは14年間停止したまま、こんな「見切り発車」中での強行は、電力事業を担う企業としての倫理を問われるものです。

原発による放射能汚染は、チェルノブイリ原発事故による放射能汚染が日本にも及んだ例をみるまでもなく、地球的に広がり、未来に禍根を残します。大きな事故でなくても日常的に汚染、被曝は拡大し、深刻な状況にあります。

プルサーマルは、国策である、それに従って電力事業を推進していると各電力会社は言いますが、政府にも、地方自治体にも、電力会社にも、そして、電気を利用しているわたしたちにもその責任があるからこそ訴えます。

新政権は破綻している核燃料サイクル政策を今すぐ見直し直ちに取りやめてください。

キャンドルデモムービー

09/2/21におこなった「止めなきゃ、泊、プルサーマル!」キャンドルデモのムービーをアップしました。

「おいしいさかながたべたいな☆」

「止めなきゃ、泊、プルサーマル!」キャンドルデモ

「止めなきゃ、泊、プルサーマル!」キャンドルデモ

ウラン燃料のリサイクルとCMされているプルサーマル計画。しかし、1995年の高速増殖炉「もんじゅ」の事故、本格稼働前の「六ヵ所村 核燃料再処理工場」での高レベル放射性廃液のガラス固化技術の失敗など、核燃料のサイクル自体が実は成り立っていないことを知っていますか?

プルサーマルは、長崎原爆の材料でもあるプルトニウムをウラン燃料用の原子炉で燃やすという、とても危険な発電方法です。

私たちは、勉強すればするほど、このプルサーマル計画の導入に疑問を持ち、シンポジウムや有識者検討会議などに積極的に参加してきました。

しかし、北海道電力からも道からも、誠意のある対応は得られず、不安増すばかりです。

目に見えず、臭いもなく、しかも強い毒性を持つ放射性物質を取り扱う原子力のエネルギーがクリーンでエコロジーだとはどうしても思えません。未来への一歩は、本当の意味での持続可能なエネルギーを創り出すことなのではないでしょうか。

そのために、私たちはプルサーマルの実施にNOと言いたい。
原子力発電に注がれる税金を自然エネルギーに切り替える手立てにして欲しい。
数々の命、取り返しのつかない環境汚染と引き替えにしてまで、目映い電気を消費したくはないのです。

北海道泊原子力発電所でのプルサーマル計画についての知事判断が迫る中、プルサーマルNOをアピールする、キャンドルデモを開催いたします。

どうぞ、ご参加、ご注目下さい。

<日時>2/21(土)
<集合場所>17:30 大通り西2丁目(1丁目側)
<スタート>18:00〜19:00

<コース>大通り西2丁目を南下→南3条通り西進→駅前通り北上

→北大通り東進→大通り西1丁目で流れ解散

<持ち物> チャッカマン、紙コップ、メッセージ(アピールするもの)

<呼びかけ>サッポロッカショ

報道に出ないこと聞いてきた!六ヶ所村ラプソディー東日本市民サミット報告

日時:2月20日(金)18:30〜20:30
会場:環境サポートセンター(北4西4 伊藤加藤ビル4階)
主催:サッポロッカショ
資料代:300円
内容:

青森県六ヶ所村に使用済み核燃料の再処理工場が建設されたのをご存知ですか?

今年、2009年、1月21日、この工場の中で150リットルもの
高レベル放射性廃液が漏れる事故がありました。
六ヶ所村再処理工場の本格稼働は16回も延期されていますが、
今回も重大な事故であったにも関わらず、大きな報道はありません。

2/7・8と岩手盛岡で、この六ヶ所村をテーマにした映画「六ヶ所村
ラプソディー」を知り、再処理工場に関心持った市民が集まった
「六ヶ所村ラプソディー東日本市民サミット」〜目的は一つ、道をつくろう〜
が開催されました。

北海道からも「サッポロッカショ」のメンバーが、この市民集会に参加してきました。
2日間における集会の報告と、六ヶ所村再処理工場の現状、鎌仲監督や地元の
方々からのお話、また知事判断が迫る泊のプルサーマル計画の状況について、
お伝えしたいと思います。

どうぞ、ご参加ください。

「高レベル放射性廃液漏れ事故」抗議文の賛同団体募集!

「三陸の海を放射能から守る岩手の会」の永田です。

高レベル廃液漏れで、

東奥日報が問題点を整理し掲載しております。
ご覧のように、もう原燃には危険な放射能を取り扱う資格はありません。
今回の事故では放射能の環境放出が疑われています。こんなことが続く
と本当に放射能の大規模放出が現実になってしまいます。
2月7~8日と170名も集まり盛岡で行われました「六ヶ所村ラプソディ
東日本市民サミット」で参会者一同により関連機関へ抗議文を提出する
ことになりました。

つきましては、広く抗議文の賛同団体を募集しております。
「原子力安全・保安院への抗議文提出は2月12日に原子力安全・保安院
交渉があり首都圏の松丸さんから提出して頂けることになりました。こちらは
11日まで申込みが間に合った団体の連名とさせて頂きます。
以降の申込み団体は原燃、原子力安全委員会、原子力委員会抗議の賛同
団体に連名させて頂きます。
原燃へは直接出向き抗議文を渡し申し入れようと、花とハーブの里菊川さん
と話し合い決めました。抗議日は2月18日(水)になりそうです。

賛同は団体にてお願いしております。というのは日程的に時間がなく、個人
までにすると対応が追いつかなくなる心配がありこのようにしました。
是非、今回個人でも団体・グループを旗揚げして賛同して頂ければと思います。
1人でも2人でもご家族の手をかりても可能です。
今まで、北海道の団体の賛同がありませんでしたので、加わっていただけると
推進側はさらなる危機意識をもつことと思います。
どうぞ、よろしくお願いたします。

【賛同申込みはこちらへお願いします。】
(出来れば2/16(月)までにお願いします。)
-〒020-0004岩手県盛岡市山岸6-36-8
永田文夫 電話/fax019-661-1002
hgf01360@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/gatayann/env.htm

【質問や抗議の電話&FAX先】

電話やfaxは、抗議文の提出日に限らず、日常的にかけるほうが
効果的ではないかと思います。国民に心配が広がってきていると
国や原燃に危機意識を持たせたいものです。一緒に頑張りましょう。

●日本原燃(広報)  tel 0175-71-2002  fax 0175-71-2136
●経済産業省  原子力安全・保安院 核燃料サイクル規制課
tel 03-3501-1511  fax 03-3580-8484
●原子力安全・保安院 六ヶ所事務所  tel 0175-72-3520
●原子力安全委員会 tel 03-3581-9919
ネットで意見や質問をすることができます。ただ回答は数ヶ月後ですが・・・・。
http://www.nsc.go.jp/toi/toi.htm

Home > その他 Archive

Return to page top